1990's "rasputin's rockn'roll store" 精子ギター t-shirt

カリフォルニア州バークレーにある音楽専門店、ラスプーチンミュージック。 レコードのみならず、VHSや古本、雑貨まで音楽にまつわる膨大な数のコンテンツを取り扱う老舗ショップ。 お店の入り口には「アナクロ(時代錯誤)なもののセンター」というスローガンを掲げるロックンロールな姿勢は、自分たち古着屋さんにもどこか通ずるものを感じます。 そんなラスプーチンミュージックの90'sオリジナルTシャツ。 ギターという名の精子がレコードという名の子宮に向かっていく様を描いたデザイン、こんなぶっ飛んだデザインはバンTでもよう見らんっす、はっきり言ってイケすぎです。 バックも抜かりなく一面にギター精子のプリント、ここまで飛び抜ければ文句なしにクールでしょ。 店名なしのバクプリなしでブラックボディのブート(?)はたまに見かけますが、BERKELEY,CALIFORNIAの本店名プリント入りのオフィシャルで間違いないかと、エンジ色のボディというところも何気にレア度が高い1枚。 アメリカ製、ボディはヘインズ、袖、裾共にシングルステッチ、コットン100、この年代ならではのガシッとしたコットンボディと表記より大きめのサイズ感も文句ありません。 個人的にも最近はバンTよりもこっちのショップやレーベルの方が気になっていますが、バンTに比べても球数は圧倒的に少ないアイテム、デザインにこだわれば尚更です。 見せかけだけの”ファッションロック"が溢れすぎてしまった世の中、姿勢で示す本当の意味での"ロックンロール"なTシャツを当店ではおススメさせていただきます。 単純にデザインだけ見てもこの面白さは伝わるでしょう。ジャージパンツやスラックスにタックインして、無地かワンポイントだらけのコピペストリートに一石投じるには良い1枚だと思いますよ。 ゴリゴリのビンテージTeeとはまた違ったセンスのあるミュージックTee、この辺をサラッと着れたら格好良いですよね。 アートやセンスを感じる1枚。 ノリは完璧。 1枚でも勿論、インナーにサラッと着るだけで様になるかと。ユーズドですが特に大きなダメージは無く古着に慣れてる方でしたら問題無く着て頂けるコンディションです。 サイズ表記Lで実寸サイズで肩幅(肩付け根〜肩付け根)約52cm、身幅(脇下〜脇下)約54.5cm、着丈(首リブを含まず背面を計測)約68cm、袖丈(肩付け根〜袖先)約19.5cmとなります。着用モデルは172cm、60kgです。素人の採寸ですので多少の誤差はご理解下さいませ。 是非この機会に。
購入数
Soldout